LICENSE (LIVE'95 "いつかの少年" TOKYO DOME)

作詞:長渕剛
作曲:長渕剛

幼い頃俺は いつも海が好きだった
バラック小屋に4人暮らしで とても幸せだった
むき出しのプロパンガス コールタールの壁 壊れかけた雨戸
夕暮れの背中 あの路地口で いつもおふくろは泣いてた

週末になると 親父はいつも 俺をバイクに乗せた
人気のない海岸線に 親父は腰をおろした
黙ったままタバコをふかし ずっと遠くを見てた
生真面目だけの自分の人生に 憤りを感じてた

遮断機が降り 錆びた線路を蒸気機関車が走る
踏み切りを渡ると 河川が流れ 繊維工場の煙
回送列車が操車場へ入る その前に
駆け足で早く 駆け足で早く 家へ帰った

買い物籠をさげたおふくろが 俺の手を引いてゆく
昨日の涙の理由も言わず 優しく唄っていた
河川づたいに 大きな影と小さな影が揺れる
子供達の為だけに ただ優しく唄ってた

親元を離れ 戸惑いながら月日は流れていった
薄汚れた都会のベランダから 見えない海を眺めてた
俺は初めて 親父やおふくろをたまらなく愛した
取ったばかりのカーライセンス
明日 羽田に迎えに行く