コオロギの唄

作詞:長渕剛
作曲:長渕剛

かあちゃんが昨日死にました
夏の暑い暑い午後でした。
空いっぱい蝉たちがしきりに鳴いていました
群にまぎれて僕も泣きました。

健坊たちもかけつけてくれました
花屋の真ちゃんは祭壇を作ってました。
汗だくの真ちゃんの無言の背中を見てたら
とめどなく涙があふれてきました。

かあちゃんが焼き場に放り出されるその前に
でっかい背中が遂に崩れ落ちました。
そうです僕の親父は最後の最後のお別れを
おふくろの口びるに告げました。

息絶えるまでのわずかな温もりでした
僕はかあちゃんの右手を握りしめてました。
生き抜く力をふりしぼり僕に向けてひとつだけ
かあちゃんは息をしてみせてくれました。

生まれて よかったと
僕は初めて思いました。
そしてこの母(ひと)が僕を生んでくれたんだなって
なぜかあたりまえのことを考えていました。

少しだけ気の早いコオロギが一匹
僕の部屋に舞い込んで来ました。
そして僕は言いました
『お前も生まれてよかったね』と。

LA LA LA LA LA LA LA LA